渋野日向子 サントリーと所属契約「子どもたちに夢と笑顔を届けられる選手に」

[ 2020年1月14日 14:11 ]

サントリーとの所属契約が決まり宮里藍さん(左)と笑顔を見せる渋野日向子(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 飲料メーカーのサントリーは14日、都内で会見し、2月から女子ゴルフの渋野日向子(21=RSK山陽放送)と所属契約を結ぶことを発表した。

 渋野は「サントリーさんは30年以上にわたりゴルフトーナメントを開催し、ジュニアゴルファーの育成にも大変力を入れられていれ、とても共感しています。私もゴルフを通じて、たくさんの子どもたちに夢と笑顔を届けられる選手になれるように、これからも努力を続けていきます」とコメントを発表した。

 サントリーはゴルフ以外にもバレーボールやラグビーのチームを持ち、多くのアスリートをバックアップ。渋野も憧れる宮里藍さん(34)の現役時代にも所属契約を結び、多大なサポートをして支えてきた。また、女子ツアーの「宮里藍サントリー・レディース」(兵庫県六甲国際GC)を6月に開催。30回の記念大会を迎えるにあたり、昨年8月に海外メジャーを果たしたAIG全英女子オープンのオフィシャル・ソフトドリンク・パートナーとなることが決定。同大会の賞金総額が1億円から1億5000万円に増額となる。

 また、同大会の優勝、2位選手はAIG全英女子オープンの出場権を獲得することも発表された。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月14日のニュース