白鵬、まさかの2連敗 鶴竜も2敗目 朝乃山、遠藤は3連勝 豪栄道3連敗

[ 2020年1月14日 18:07 ]

<大相撲初場所3日目>白鵬(右)を突き落としで破る妙義龍(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 大相撲初場所は14日、東京・両国国技館で3日目を迎え、横綱2人に土が付く波乱の展開になった。

 白鵬は、妙義龍に突き落としで敗れ、まさかの2連敗。鶴竜は、北勝富士に押し出されて早くも2敗目とし、金星を配給した。

 大関・貴景勝は、大栄翔との突き合いを制して、2勝1敗。9度目のカド番となる大関・豪栄道は、初日の鶴竜戦から2日連続で金星を獲得した遠藤に敗れ、3連敗を喫した。

 大関を狙う新関脇・朝乃山は隠岐の海と対戦し、堂々とした相撲で寄り切り、3連勝。横綱、大関陣の無敗が消える中、全勝を守った。関脇・高安は、御嶽海が攻めて出ようとしたところをはたき込みで下して白星を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月14日のニュース