渡辺雄太の出場は1分23秒 グリズリーズもプレシーズン全日程を終了 開幕は23日

[ 2019年10月19日 12:12 ]

リバウンドを争うグリズリーズのモラント(左)とスパーズのマーリー(AP)
Photo By AP

 グリズリーズの渡辺雄太(25)は18日、テキサス州サンアントニオで行われたプレシーズン・ゲーム最終戦のスパーズ戦で第4Q終盤にコートに登場したが、プレータイムは最後の1分23秒のみ。1リバウンドを記録したがシュートを放つ機会はなかった。

 試合は91―104(前半40―46)で敗れてグリズリーズは3勝2敗でプレシーズンの全日程を終了。ドラフト全体2番目指名のガード、ジャー・モラント(20)が25分の出場でチーム最多の16得点と6アシストをマークした。

 ウィザーズの八村塁(21)とゴンザガ大でチームメートだった全体21番目指名のフォワード、ブランドン・クラーク(23)は24分で11得点、10リバウンド。14日のホーネッツ戦に続き、2度目のダブルダブルを達成した。

 グリズリーズは23日(日本時間24日)に敵地マイアミで今季の開幕戦を迎えるが、現時点でグリズリーズには故障者がほとんどおらず、「2―WAY契約」の渡辺がチームに残れるかどうかは微妙な情勢となっている。

 なおW杯米国代表のグレグ・ポポビッチ監督(70)が率いるスパーズは2勝3敗で終了。今季開幕戦は23日のニックス戦で、26日の2戦目で八村のいるウィザーズと顔を合わせる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月19日のニュース