体操「内村杯」20年3月開催「私自身も最高の演技を披露したいと思っています」

[ 2019年10月19日 05:30 ]

体操の内村航平選手
Photo By スポニチ

 体操男子の内村航平(30=リンガーハット)が18日、自身のSNS上で自らの名を冠した「KOHEI UCHIMURA CUP」を創設することを発表した。個人総合で内村を含む国内外の12選手が出場し、20年3月18日に群馬・高崎アリーナで開催する。

 来年4月以降の東京五輪代表選考会を見据え、実戦を積むために現役選手としては異例の冠大会の創設を決意。「大会を成功させ、私自身も最高の演技をみなさまの前で披露したいと思っています」とコメントを寄せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月19日のニュース