松山、8差18位後退 ジャスティン・トーマスが首位 CJカップ

[ 2019年10月19日 05:30 ]

通算5アンダーで18位に後退した松山
Photo By 共同

 米男子ゴルフのCJカップは18日、韓国・済州島のナインブリッジズ(6691ヤード、パー72)で第2ラウンドが行われ、15位で出た松山英樹(27=LEXUS)は4バーディー、2ボギーの70で回り、通算5アンダー、139で首位と8打差の18位に後退した。

 ジャスティン・トーマス(26=米国)が9位から63をマークし、通算13アンダーで首位に立った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月19日のニュース