ハネタク 7位で準決へ 五輪代表ほぼ確実、2本目回避で温存

[ 2019年10月19日 05:30 ]

カヌー 東京五輪日本代表選手最終選考会兼NHK杯国際スラローム大会第1日 ( 2019年10月18日    東京・カヌー・スラロームセンター )

予選1回目で3位につけた羽根田
Photo By スポニチ

 男子カナディアンシングル予選は五輪代表をほぼ確実にしている羽根田卓也(32=ミキハウス)が7位で20日の準決勝に進出した。これまでの選考対象レースで獲得したポイントと今大会の結果を合わせた最上位が代表に内定する。

 1本目は10番ゲートに接触するミスがあった中で3位。タイムは全体の2番目で「ワンパドル目からハマった感じがあって、最後まで自分の感覚でこげた」と上々の内容だった。2本目は体力面などを考慮して回避した。

 7月に完成した五輪会場で行われる初の試合。スロバキアに拠点を置くエースは日本初の人工コースに「ヨーロッパで見てきた海外の選手がここでレースしているのを見るのは感慨深いものがある」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月19日のニュース