パラチケット39万人申し込み 12年ロンドン大会の3倍超

[ 2019年10月19日 05:30 ]

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、8~9月に受け付けたパラのチケットの1次抽選販売に約39万人が申し込んだと発表した。12年ロンドン大会の1次抽選申込者数の3倍超だったといい、高い関心が寄せられたとしている。1枚でも当たった約16万人のうち購入したのは約9割の15万人弱で、計約60万枚を販売した。

 パラ大会の成功例と位置付けられるロンドン大会は史上最多の270万枚を完売したとされ、1次抽選の申込人数は11万6000だったという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月19日のニュース