NZフォスターコーチ、昨年屈辱ノートライ負けも自信の表情「1年で凄く変わった」

[ 2019年10月19日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 準々決勝   ニュージーランド―アイルランド ( 2019年10月19日    味スタ )

ニュージーランドのフォスター・コーチは前日会見後に自信のサムズアップ(撮影・中出健太郎)
Photo By スポニチ

 ニュージーランド代表は18日、試合会場には出向かず、都内で前日練習を行った。アイルランドには昨年11月に9―16とノートライ負けしているが、会見したフォスター・コーチは「我々はこの1年で凄く変わった。昨年は誇れるようなパフォーマンスではなかったから」と自信の表情。

 個人としてもW杯3連覇を狙うロックのホワイトロックは「ラグビー選手冥利(みょうり)に尽きる試合だ。子供の頃に夢見るような試合で、夢ではない結果を出したい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月19日のニュース