男子・宝泉、2位に7打差つけV「寄せようと思ったら入ってビックリ」驚きイーグル

[ 2019年10月19日 05:30 ]

スポニチ主催 令和元年度全国高校ゴルフ選手権秋季東北大会最終日 ( 2019年10月18日    棚倉田舎C=7027ヤード(高校男子)、6168ヤード(高校女子)、パー72 )

全国入賞を目指して気合を入れる宝泉
Photo By スポニチ

 男子は宝泉研輝(福島・学法石川2年)が通算3アンダーの139、女子は鶴瀬華月(宮城・東北2年)が通算8アンダーの136で、それぞれ優勝を果たした。男子の上位6人、女子の上位8人は来年3月に滋賀・富士スタジアムゴルフ倶楽部で行われる全国大会の出場権を獲得した。

 高校男子の部は、初日69の宝泉がこの日も首位を守り、2位に7打差をつけて優勝した。14番ではピンまで残り20メートルから「寄せようと思ったら入ってビックリ」とイーグルで沈めたが、最終18番ではOBを叩いてトリプルボギー。

 「最後に気が抜けてしまった。もったいなかった」と渋い表情だった。昨年の全国大会は予選落ち。「今年は自滅せずにしっかり戦って、入賞を目指したい」と誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月19日のニュース