福岡、小型WTBコルビに闘志 日本記録更新へ4戦連続T必ず

[ 2019年10月19日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 準々決勝   日本―南アフリカ ( 2019年10月20日    味スタ )

会見で笑顔の福岡(左)と中村(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 自身の日本代表記録を更新する、4試合連続トライで4強入りに貢献する。9月の対戦では開始4分で右ふくらはぎを痛めて交代したWTB福岡は「W杯を通じて自分たちも自信を付けている。南アとどう戦い、どう崩すかは準備できている。前と違う戦いを見せたい」と気合。7―41の大敗はあくまで本番前。今回は参考外だとはっきり言い切った。

 対面になるコルビは1メートル75の福岡よりも小柄な1メートル70。バックスも大型化が進む時代の流れに、あらがうように存在感を放つ相手に対しては「サイズがない選手が、どうトップレベルで戦うか、お手本のようなプレーをしている」と認める。だからこそ「何かで勝っていきたい」。世界最速ウイング対決に闘志を燃やした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月19日のニュース