近代五種 ロンドン五輪代表の山中ら世界選手権決勝進出

[ 2019年9月6日 05:30 ]

近代五種 世界選手権 ( 2019年9月4日    ブダペスト )

女子予選フェンシングに出場した山中は32位で決勝に進んだ
Photo By 共同

 東京五輪予選を兼ねて4日に女子の予選が行われ、2012年ロンドン五輪代表の山中詩乃が32位、島津玲奈(ともに自衛隊)が34位で、36人による決勝に進んだ。

 16年リオデジャネイロ五輪代表の朝長なつ美(警視庁)は49位、高橋瑠佳(自衛隊)は59位で敗退した。

 今大会では3位までの選手が五輪出場権を獲得。日本は11月のアジア選手権(中国)を含む五輪予選で出場権を逃しても、男女とも1ずつの開催国枠が与えられている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月6日のニュース