ラグビー日本WTB福岡堅樹にアクシデント、南ア戦の前半開始4分に交代…足負傷か

[ 2019年9月6日 19:31 ]

リポビタンDチャレンジカップ2019   日本―南アフリカ ( 2019年9月6日    熊谷 )

<日本・南ア>前半、早い時間に福岡が交代(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 20日開幕のラグビーW杯日本大会に向けた壮行試合「リポビタンDチャレンジカップ2019」が6日、埼玉県・熊谷ラグビー場で行われ、日本代表が南アフリカと対戦。先発出場したWTB福岡堅樹(パナソニック)が前半開始早々、交代するアクシデントが起きた。

 日本のキックオフで始まった前半。相手陣内に攻めこむ際に、ボールをキープする味方選手の近くを走っていた福岡が足を止めて座り込んでしまう。足を負傷したと見られ、前半4分にモエアキオラ(神戸製鋼)と交代した。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月6日のニュース