新体操フェアリージャパン 日本史上初五輪メダルへ初の地方合宿開催

[ 2019年5月19日 05:30 ]

福島市で合宿練習するフェアリージャパンPOLA
Photo By スポニチ

 新体操の日本代表「フェアリージャパン」は18日、福島市国体記念体育館で公開練習を行った。これまで代表合宿はロシアと東京で行われていたが、普及、認知度を高めるため初の地方合宿となった。

 来年の東京五輪へは開催地枠もあるが、五輪での史上初のメダル獲得を掲げ、9月にバクーで開催される第37回世界選手権でメダルを狙う。山崎浩子強化本部長は「日本がミスせず、上位国がミスしないと厳しいが、メダルを狙いたい」と意気込んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月19日のニュース