“平コンビ”予選落ち 今平110位「やっぱり難しい」小平124位「悔しい」

[ 2019年5月19日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー 全米プロ選手権第2日 ( 2019年5月17日    米ニューヨーク州 ベスページ・ステートパーク・ブラックコース=7459ヤード、パー70 )

 第1ラウンド、10番でティーショットを放つ今平周吾
Photo By 共同

 91位から出た今平はティーショットが乱れて73とスコアを落とし通算7オーバーの110位で予選落ち。5度目の米メジャーで初の決勝進出を目指すが「やっぱり難しい。海外のコースに合わせることができなかった」と悔やんだ。

 7月にはメジャーの全英オープンが控える。6月の全米オープンも日本予選に参戦する予定で「この経験を生かしたい」と語った。

 74位から出た小平も76で通算9オーバー、124位に終わり「いいバーディーが取れずに終わってしまい悔しい」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月19日のニュース