豪遠征から帰国 ラグビー代表・堀江「海外の相手にフィジカルも成長できた」

[ 2019年5月19日 05:30 ]

ラグビーW杯日本代表候補「ウルフパック」のオーストラリア遠征から帰国し、取材を受けるフッカー堀江翔太(右)
Photo By スポニチ

 オーストラリア遠征を終えたラグビー日本代表候補「ウルフパック」の第1陣が成田空港に帰国した。

 ウルフパックは今遠征2試合を含め全6戦で5勝1敗の好成績に、フッカーの堀江翔太(33=パナソニック)は「FWは違う組み合わせでスクラムを組んだ。海外の相手にフィジカルも成長できた」と収穫を口にした。

 約60人の日本代表は6月上旬に約40人に絞り込まれる。日本代表の屋台骨を支えるベテランは「チームはいい段階。チームとしてもまとまり、若いリーダー陣もいい動きをしている」と強調し「とりあえず休みます」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月19日のニュース