体操・寺本明日香 3年ぶりNHK杯優勝 村上棄権に「気が抜けた…」

[ 2019年5月19日 05:30 ]

体操 NHK杯第1日 ( 2019年5月18日    武蔵野の森総合スポーツプラザ )

優勝した寺本(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 寺本明日香(23=ミキハウス)が4月の全日本選手権の持ち点と合わせ、合計166・163点で3年ぶり3度目の優勝を飾った。寺本が「順位には満足しているが、課題も見つかった」と振り返った。

 村上が試合直前に棄権したことについて「まさか棄権するとは思わなかった」とし、得意とする平均台の演技終盤に落下するなどのミスの原因も「(村上)茉愛が試合に出なくて気が抜けたから」と分析した。9年連続の世界大会代表を勝ち取り「メダルを獲りにいきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月19日のニュース