鶴竜、栃ノ心に土 8日目で全勝消える 再出場の貴景勝は黒星

[ 2019年5月19日 17:56 ]

<夏場所8日目>玉鷲(左)に押し出しで敗れる鶴竜(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 大相撲夏場所8日目は19日、東京・両国国技館で行われ、再出場した新大関の貴景勝は小結・碧山にはたき込みで敗れ3勝3敗2休となった。

 横綱・鶴竜は玉鷲に押し出しで敗れ初黒星。大関復帰を目指す関脇・栃ノ心も遠藤に上手出し投げで敗れ初黒星を喫し、中日8日目にして全勝がいなくなった。平幕・朝乃山は宝富士を突き出しで下し1敗を守った。

 その他大関陣は高安が隠岐の海を寄り切って5勝目、豪栄道も御嶽海を寄り切って5勝目を挙げた。

 関脇逸ノ城はは右膝の負傷でこの日から休場となった。今場所の十両以上の休場は横綱・白鵬、8日目から再出場の新大関・貴景勝を含め6人となった。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月19日のニュース