平野歩夢が初優勝!強化指定選手入り確実に スケートボード日本選手権

[ 2019年5月12日 14:27 ]

第3回スケートボード日本選手権 第3日 ( 2019年5月12日    新潟県村上市スケートパーク )

<スケートボード日本選手権第3日 男子パーク決勝>華麗な滑りを見せる平野歩(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 東京五輪に向けた強化選手選考会を兼ねて行われ、8人で争われた男子パーク決勝はスノーボード男子ハーフパイプ五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(20=木下グループ)が65・70点で初優勝した。

 1本目は最後にミスが出たものの、高さのあるエアーとスピードで65・70点をマーク。3本目の前には優勝が決まり、最後はウイニングランとなった。

 3位だった3月の日本オープンと合わせて3位に入り、国際大会に派遣される強化指定選手入りは確実。日本人で5人目となる夏冬両五輪出場へ大きく前進した。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月12日のニュース