玉鷲 初場所優勝額贈呈式に出席「ずっと見ていたい」

[ 2019年5月12日 05:30 ]

12日初日大相撲夏場所 ( 両国国技館 )

優勝額の前で記念撮影する初場所優勝の玉鷲(左)と春場所優勝の白鵬の代理で出席した師匠の宮城野親方(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 幕内・玉鷲が初優勝した初場所の優勝額贈呈式に出席。「思ったより大きい。本当にずっと見ていたい」と笑みが絶えなかった。

 ただ、春場所は5勝止まり。平幕に陥落して臨む今場所の目標を「(千秋楽に)米国の大統領が来るじゃないですか。握手するにはどうしたらいいのか」と笑顔。再度優勝すれば?との報道陣の問い掛けに「それしかチャンスはないかもしれないが、大きく考えず頑張りたい」と、静かに意欲を語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年5月12日のニュース