男子1600リレーは1着で決勝へ、世陸当確 日本新視野

[ 2019年5月12日 05:30 ]

陸上 世界リレー大会第1日 ( 2019年5月11日    横浜・日産スタジアム )

男子1600メートルリレー予選、先頭でゴールに飛び込んだアンカーの若林(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子1600メートルリレー予選は2組1着、全体3番目で決勝へ進み、世界選手権出場に当確ランプをともした。

 1走ウォルシュが2位でつなぎ、2走井本がトップへ。3走佐藤、4走若林も先頭を守り切り、3分2秒55だった。快走を見せたウォルシュは「このままいけばメダルを狙えるけど、世界はもっとタイムを上げてくる。日本新を目指したい」と3分0秒76をターゲットにした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年5月12日のニュース