日本 男子1600メートルリレーは4位 世界リレー大会最終日

[ 2019年5月12日 20:39 ]

<世界リレー第2日>男子1600メートルリレー決勝、4位に入った日本チームの(左から)ウォルシュ・ジュリアン、佐藤拳太郎、北谷直輝、若林康太(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 陸上の世界リレー大会最終日は12日、横浜市の日産スタジアムで行われ、男子1600メートルリレー決勝で日本(ウォルシュ、佐藤、北谷、若林)は3分3秒24の4位となり、上位10チームに与えられる世界選手権(9~10月・ドーハ)の出場権を獲得した。3分0秒81で走ったトリニダード・トバゴが優勝。

 女子1600メートルリレーの日本(青山、松本、武石、岩田)は9~16位決定戦で3分35秒12の7着に終わった。決勝はポーランドが制した。

 400メートルリレーの男子決勝はブラジルが38秒05で制して米国が2位、英国が3位に続き、女子決勝は米国が43秒27で優勝。混合1600メートルリレー決勝も米国が3分16秒43で優勝した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年5月12日のニュース