渡辺雄太 NBAサマーリーグ後に代表合宿合流へ

[ 2019年5月6日 05:30 ]

日本での休暇を終えて渡米する渡辺
Photo By スポニチ

 グリズリーズの渡辺雄太は5日、約3週間のオフを終えて渡米した。新シーズンも下部Gリーグのハッスルに所属しながら一定期間NBAでプレー可能なツーウエー契約。7月のサマーリーグ(5~15日、オーランド)に向け、6日から始まる若手中心の合同練習に参加する予定だ。

 グリズリーズは4月にビッカースタッフ監督とフロント陣を解任しており、渡辺は「入れ替わりの激しい世界。昨季もツーウエー契約の選手が2人解雇されている。今の自分のままでは、この先、生き残れない」と危機感を口にした。帰国中には日本代表のラマス監督と会談。今後の活動日程などを確認し「グリズリーズと日本協会との話し合いが必要だが、おそらくサマーリーグ後に日本代表に合流できると思う」との見通しを示した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月6日のニュース