東レ 9年ぶり5回目V 菅野監督「苦しい道のりでした」

[ 2019年5月6日 14:05 ]

第68回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 女子決勝   東レ3―0日立 ( 2019年5月6日    丸善インテックアリーナ大阪 )

<東レ・日立>優勝を決め喜びを爆発する東レアローズ選手達(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 東レがストレートで日立を下し、9年ぶり5回目の優勝を決めた。2セットを先取し、迎えた第3セットでは一時8点のリードを許したが、そこからクランと新加入の石川真佑が合わせて3つのエースを決めるなど逆転に成功し、タイトルを手中にした。

 菅野幸一郎監督は「優勝から遠のいていたので苦しい道のりでしたが、チーム一丸となって優勝できたことは本当にうれしい。なかなか思うようにいかなかったけど、我慢してよく頑張った」と選手をたたえた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月6日のニュース