今平 悔しいV逸…18番で風読み違えバンカーに「仕方ない。勝たないと何も残らない」

[ 2019年5月6日 05:30 ]

男子ゴルフツアー 中日クラウンズ最終日 ( 2019年5月5日    愛知県 名古屋GC和合C=6557ヤード、パー70 )

一時は単独首位に躍り出た今平周吾だが、18番でバンカーに入れボギー(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 プレーオフに備えて打球練習場で体をほぐしていた今平は、「18番から聞こえる大歓声で負けを知った。

 単独首位で迎えた18番の第2打を風の読み違いからグリーン右のバンカーに打ち込み、痛恨のボギー。「フォローで見てたんですが、僕が打った時にアゲンストに変わった感じでした。仕方ない。でも勝たないと何も残らないので」とV逸に悔しさをにじませた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月6日のニュース