千葉 連勝で2年連続決勝決めた!富樫21得点8アシスト 米での“恩師”に「成長見せられた」

[ 2019年5月6日 05:30 ]

攻め込む富樫
Photo By 共同

 Bリーグ王者を決めるプレーオフのチャンピオンシップは5日、2戦先勝方式の準決勝の第2戦が行われた。初優勝を目指す千葉はホームで栃木に88―83で勝利を収め、2連勝で2年連続の決勝進出。琉球はホームでA東京に62―56で競り勝ち、1勝1敗とした。第3戦はあす7日に開催される。

 ポイントガードの富樫が21得点8アシストと躍動した。スタンドでは日本代表のラマス監督に加え、14~15年に所属したNBA下部Dリーグのテキサス時代に指導を受けたタイラー氏も視察。恩師の前で結果を出し「テキサスでは自分を表現できなかったので、成長した姿を見せられたと思う。(栃木)ブレックスを連勝で倒せたのはチームの自信になる。最高の状態で決勝に向かえる」と笑顔を見せた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月6日のニュース