貴景勝 新大関場所へ得意技以外も手応え「うまくいかないことを想定して」

[ 2019年5月6日 05:30 ]

12日初日大相撲夏場所

喉輪で明生をのけぞらす貴景勝(右)
Photo By スポニチ

 新大関・貴景勝(千賀ノ浦部屋)は都内の同部屋で、出稽古に来た平幕・明生と三番相撲を行い調整した。

 左差しで一気に前に出る時もあれば、土俵際でもすくい投げで逆転するなど、得意とする突き押し以外の攻撃でも圧倒。新大関として臨む本場所へ「うまくいかないことを想定して相撲を取った」と説明。その中での10勝1敗には「手応えはまあまあ。体の反応は悪くなかった」と感触を口にした。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月6日のニュース