川内優輝 令和初レースでプロ1勝!バンクーバー・マラソン、婚約者とアベックV

[ 2019年5月6日 09:01 ]

バンクーバー・マラソンに出場した川内と婚約者の水口さん(写真は出発時)
Photo By スポニチ

 男子マラソンで4月にプロ転向した川内優輝(32=あいおいニッセイ同和損保)が5日、バンクーバー・マラソンに出場し、大会新記録となる2時間15分1秒で令和初レースでプロ1勝を挙げた。婚約者の水口侑子さん(33)も2時間41分28秒で制し、令和アベックVも達成。川内は「景色は今までに見た中で最高。観衆のサポートも素晴らしかった」とコメントした。

 川内は一度はエチオピア選手に30キロ地点で29秒差をつけられたものの、持ち前の粘りで40キロ手前で逆転した。水口さんもトップと離されたが39キロ付近で逆転。夫婦で粘り勝ちし、川内はプロランナーとして賞金に加えて新記録達成ボーナスの2000ドルも脚で稼ぎ出した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月6日のニュース