セリエAに参戦中の石川 最終戦10得点で勝利に貢献 全試合スタメン出場「自信になった」

[ 2019年3月25日 23:07 ]

 バレーボールのイタリア・セリエAに参戦中の石川祐希(23=シエナ)が24日、リーグ最終節となるラヴェンナ戦に先発出場し、スパイクで10得点をマークし3―2の勝利に貢献した。「勝ってシーズンを終えることができた。なかなか勝てない試合が多かったので、こういう雰囲気でシーズンを終われたことは良かった」と総括した。

 今季はコンディションを崩すことなく1シーズン通してプレーできたことを収穫に挙げ「全試合にスタメン出場できたことはプロ1年目として最低限のラインだった。それをクリアできたことは自信になった」と話した。

 全日程を終えた石川は今月下旬に帰国する予定。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月25日のニュース