逸ノ城 V逸も三役復帰確実「今場所は集中できた」、夏場所へ闘志

[ 2019年3月25日 05:30 ]

大相撲春場所千秋楽   ○逸ノ城―大栄翔● ( 2019年3月24日    エディオンアリーナ大阪 )

逸ノ城(右)ははたき込みで大栄翔を破る(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 14勝目を挙げた逸ノ城は「もう一番やるつもりだった」と準備を続けたが、白鵬の勝利で再び相撲を取ることなく終わった。14勝1敗で優勝力士との対戦がなく、さらに決定戦にも出場できなかったのは1964年初場所の平幕・清国以来で昭和以降4度目。初優勝には届かなかったが新入幕以来の殊勲賞に「なかなかもらえなかったので」と喜んだ。「今場所は集中できた。次の場所にも生かしたい」と三役復帰が確実な夏場所での活躍を誓った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月25日のニュース