阿武松審判部長「申し分ない」理事会開催要請、27日に伝達式

[ 2019年3月25日 05:30 ]

大相撲春場所千秋楽   ○貴景勝―栃ノ心● ( 2019年3月24日    エディオンアリーナ大阪 )

立ち合いで栃ノ心(左)を攻める貴景勝(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阿武松審判部長(元関脇・益荒雄)は取組後に八角理事長(元横綱・北勝海)に大関昇進を諮る理事会の開催を要請。「申し分ないです。重圧のかかる中で一方的でしたから。審判部の満場一致」と話した。要請を受けた八角理事長(元横綱・北勝海)は招集を明言。27日にエディオンアリーナ大阪で行われる夏場所(5月12日初日、両国国技館)番付編成会議と臨時理事会で昇進が正式決定する。これを受け、貴景勝は昇進伝達式で口上を述べる。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月25日のニュース