八角理事長 貴景勝に感心、荒磯親方も「見ていて気持ち良い」

[ 2019年3月25日 05:30 ]

大相撲春場所千秋楽   ○貴景勝―栃ノ心● ( 2019年3月24日    エディオンアリーナ大阪 )

立ち合いで栃ノ心(左)を攻める貴景勝(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 八角理事長は一方的に押し切った貴景勝の相撲に感心した。「力がないと大関には勝てない。押し相撲は一瞬で決まる。昨日の一番で開き直ったんじゃないかな」と評価した。

 スポニチ本紙評論家の荒磯親方は「出足と安定感が素晴らしい。負けた相撲もどこが悪いのか本人ははっきり分かっている」と話し「見ていて気持ちが良かった。これからも今まで通りの相撲を取ってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月25日のニュース