宇野 4位ショックから雪辱へ猛練習誓う「安定させなければ」

[ 2019年3月25日 05:30 ]

フィギュアスケート世界選手権エキシビション ( 2019年3月24日    さいたまスーパーアリーナ )

<世界フィギュア・エキシビション>クールに決める宇野昌磨(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子4位の宇野は前夜のフリーのショックを引きずったまま「6~7割の力しか出せなかった」と嘆いた。自信のあるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と4回転トーループは成功したものの、確信が持てなかったという4回転のフリップとサルコーは失敗。「試合で練習の6~7割しか出ないならサルコーとフリップをアクセルとトーループの位置まで安定させなければ」と猛練習を誓った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月25日のニュース