碧山 12勝で敢闘賞、32歳ベテラン満足「同じ気持ちでやれた」

[ 2019年3月25日 05:30 ]

大相撲春場所千秋楽   ○碧山―友風● ( 2019年3月24日    エディオンアリーナ大阪 )

大相撲春場所三賞の(左から)殊勲賞・逸ノ城、技能賞・貴景勝、敢闘賞・碧山(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 碧山が友風を突き倒し12勝3敗の好成績で締めくくった。17年名古屋場所以来の敢闘賞も受賞し「焦らなくて良かった。うれしいです。自分を信じて、ずっと同じ気持ちでやれたのが良かった」と満足げ。東前頭5枚目の先場所は7勝8敗で負け越したが、その前の九州場所は11勝4敗と2桁勝利を挙げている。32歳のベテランは「また来場所につながればいい」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月25日のニュース