川内“忍者コス”で公務員ラストラン、おのろけも全開

[ 2019年3月25日 05:30 ]

忍者姿でレースに出場した川内
Photo By スポニチ

 4月にプロ転向する男子マラソンの川内優輝(32=埼玉県庁)が24日、公務員ラストランとなる久喜マラソンに忍者姿で登場した。ゴール後には、5月に結婚予定の水口侑子(33=デンソー)に対し、「彼女は凄く真面目。良い奥さんを見つけられたと思う」と初めて思いを吐露。ライバルたちが結婚して強くなっていることを引き合いに「自分もそういう選手のように強くなりたい」と愛の力を成長につなげていく。

 同大会で恒例となった“コスプレラン”については「忍者か侍か」迷った末に、インターネットで購入した忍者コスチュームで久喜市内を激走。結婚を祝福する声援を受けながら、1時間8分52秒で全体3番手に相当するタイムでゴールした。公務員として最後のレースを終え「感慨深いものもある。(プロ転向で)逆に今まで以上に埼玉に貢献できる。恩返ししていきたい」と感謝の言葉を口にした。

 今後はSNSで情報発信を始める予定で「プロとしてはそのくらいやらないと」。練習拠点も東京都北区のナショナルトレーニングセンターを中心とする意向で「埼玉から出たくはないが東京北部か埼玉南部か。バリエーションは広がりますね」と引っ越しも検討。視線の先には新たな世界が広がっている。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月25日のニュース