テニスのマイアミ・オープン ニック・キリオスと口論の観客が退場

[ 2019年3月25日 20:04 ]

ニック・キリオス (AP)
Photo By AP

 テニスのマイアミ・オープンでニック・キリオス(23=オーストラリア)と口論した観客が会場から退場させられた。

 24日の3回戦でキリオスは6―3、6―1でドゥシャン・ラヨビッチ(28=セルビア)に勝利。だが、第1セットにコートエンド最前列の席に座る男性と口論を始め、結局、この口論は男性が退場させられることで終わりを迎えた。

 「お前は最悪だ」という男性の野次にキリオスは「ただで観戦しているの?」などと薄笑いを浮かべながら反応。試合後も「自分の髪型をバカにしていたけれど、ここ数日間は床屋に行っていないから、彼の言っていたことは正しいよね」とジョークを飛ばしていた。

 キリオスといえば、ナダル戦で見せたアンダーサーブが相手への敬意を欠くと批判されたが、野次の発端がこのアンダーサーブにあったかについては定かではない。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月25日のニュース