【玉ノ井親方 視点】精神面成長した貴景勝、これで満足してはダメ

[ 2019年3月25日 08:34 ]

大相撲春場所千秋楽   ○貴景勝―栃ノ心● ( 2019年3月24日    エディオンアリーナ大阪 )

立ち合いで栃ノ心(左)を攻める貴景勝(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 貴景勝が会心の相撲で大関昇進を確実にした。もろ手でミスした前日の反省を踏まえ、頭からしっかり当たっていった。そこからは電車道。自分から先に動いて、手も足もよく前に出ていた。負ければ昇進見送りの重圧のかかる一番。それを堂々と勝ち切ったのは大きい。元々馬力があって、相撲内容も場所ごとに良くなっていた。あとは精神面かなと思っていたけど、ここ数場所で随分成長したんじゃないかな。

 でもこれで満足していてはダメ。これからは追われる立場。優勝争いにも常に絡んでいかなくてはならない。相手は今まで以上に研究してくる。差されたらおっつけていくとか、自分も進化していく必要がある。課題は立ち合いで当たった後の流れをいかにつくっていけるか。まだ若いんだから伸びしろはある。これからの稽古でそれを培ってほしい。(元大関・栃東)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月25日のニュース