神野大地 4月からのエチオピア合宿でファラーのチームに参加へ

[ 2019年3月25日 21:16 ]

イベントに出席した神野
Photo By スポニチ

 男子マラソンの神野大地(25=セルソース)が東京都内で行われたイベントに出演し、4月からのエチオピア合宿で世界大会で計10個の金メダルを誇るモハメド・ファラー(36=英国)のチームに参加することを明かした。

 「ケニアの次は世界2位のエチオピアでやってみたかった」と意気込んでいた。合宿期間は4月から約1カ月で、2月に行ったケニア合宿よりさらに標高が高い2700メートルの高地で練習するという。東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の事前合宿候補地の視察も兼ねているといい「ケニアより優れているかもしれない。選択肢の一つにしたい」と話していた。

 イベントでは腸内細菌や食に関するトークショーを行った。検査結果で腸内環境が一般的なアスリートより上回っていた神野は「ケニア合宿でもお腹を壊したことがなかった。4月からのエチオピアも壊さない自信がある。小さいころからそういう経験はないです」と強さの“秘訣”を明かしていた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月25日のニュース