JOC竹田会長、19日にも退任の意向 開幕まで500日切った五輪への影響も

[ 2019年3月17日 05:30 ]

JOCの竹田恒和会長
Photo By 共同

 2020年東京五輪招致疑惑でフランス司法当局の捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が、退任の意向を関係者に伝えたことが16日、分かった。19日にもJOC理事会で進退を表明する方向で調整が進んでいる。五輪を開催する国内オリンピック委員会のトップが開幕まで500日を切った中で退く事態となれば大会への影響が懸念される。

 竹田氏は一貫して潔白を主張しているが、招致疑惑問題の東京大会への影響を強く憂慮する国内外の声に、退任が不可避な情勢となっていた。関係者は「辞めたいと言っている」と語った。焦点は退任の時期となるが、周囲には6月の任期満了までとする意見や、判断を迷っているとの見方もあり、対応が注目される。

 01年にJOC会長に就任した竹田氏は現在10期目。当初は6、7月の役員改選で再選が有力視されていた。しかし、フランス当局が贈賄容疑で予審判事による捜査を開始したことが、1月に表面化。記者会見で疑惑を改めて全面否定したが、トップとして混乱を招いた責任を問う声が強まっていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月17日のニュース