ラグビー欧州6カ国対抗 ウェールズが全勝優勝 2012年以来のグランドスラム

[ 2019年3月17日 17:07 ]

優勝杯を掲げて喜ぶウェールズの選手 (AP)
Photo By AP

 ラグビーの欧州6カ国対抗は16日、英国のカーディフなどで最終節が行われ、ウェールズが前回王者のアイルランドを25―7(前半16―0)で下し、5戦全勝で6年ぶりの優勝を飾った。グランドスラムと呼ばれる全勝優勝は、ウェールズにとって2012年以来となり、通算12度目。

 フランスは25―14(前半10―6)でイタリアに勝利。前日本代表ヘッドコーチのエディ・ジョーンズ監督率いるイングランドは、スコットランドと38―38(前半31―7)で引き分けた。アイルランドとスコットランドは今秋に予定されているワールドカップ(W杯)の1次リーグA組で、開催国の日本代表と戦う。

▽最終結果(カッコ内は勝敗と勝ち点) 優勝:ウェールズ(5戦全勝、23)、2位:イングランド(3勝1敗1分、18)、3位:アイルランド(3勝2敗、14)、4位:フランス(2勝3敗、10)、5位:スコットランド(1勝3敗1分、9)、6位:イタリア(5戦全敗、0)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月17日のニュース