スポーツクライミング 21年世界選手権はモスクワで開催へ

[ 2019年3月17日 05:30 ]

 国際スポーツクライミング連盟は都内で総会を開き、21年の世界選手権の開催地をモスクワに決めた。時期は9月を予定している。

 総会後の記者会見には昨季のW杯ボルダリングで女子総合優勝の野中生萌(XFLAG)が出席し、20年東京五輪の出場権が懸かる8月の世界選手権(東京都八王子市)に向け「出場権を獲得して(五輪で)金メダルを狙いたい」と抱負を語った。10日の大会で負傷した左肩は関節唇の損傷と診断されたことを明らかにし4月のW杯第1、2戦は欠場する見通しを示した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月17日のニュース