白鵬、ストレート給金王手 荒磯親方の解説は「うまいね。分かりやすい」

[ 2019年3月17日 05:30 ]

大相撲春場所 7日目   〇白鵬―正代● ( 2019年3月16日    エディオンアリーナ大阪 )

正代を突き倒しで破り全勝をキープする(右)白鵬(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 白鵬が47度目のストレート給金に王手をかけた。正代戦はまわしを取れなくても、突き放して、最後は右から肘で突き出すような形で土俵の外まで吹き飛ばした。「最後は強烈だった?普通です。(立ち合いの)重さはあったでしょう」。

 この日はNHKのテレビ解説を荒磯親方(元横綱・稀勢の里)が務めた。「親方の前でいい相撲を取れて良かった。解説、うまいね。分かりやすい。さすがです」と感心していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月17日のニュース