全日本モーグルで星野と松田が優勝 平昌・銅の原は14位に終わる

[ 2019年3月17日 05:30 ]

フリースタイルスキー 全日本選手権モーグル第1日 ( 2019年3月16日    福島県猪苗代町リステル )

優勝した男子の松田颯(左)と女子の星野純子
Photo By 共同

 モーグルが行われ、女子は星野純子(リステル)が71・53点で4大会ぶり2度目の優勝を果たした。世界選手権代表の冨高日向子(白馬ク)が2位。男子は19歳の松田颯(スノーアミューズメント)が73・46点で初優勝。世界選手権代表の藤木豪心(立命大)が2位で続いた。

 平昌五輪3位で、世界選手権でも2つの銅メダルを獲得した原大智(日大)は決勝1回目で敗れて14位。2大会連続の2冠が懸かっていた堀島行真(中京大)は予選で敗退した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月17日のニュース