鈴木愛 首位に2打差の絶好ポジション“昨年より状態は上”

[ 2019年3月17日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ヨコハマタイヤPRGRレディース杯第2日 ( 2019年3月16日    高知県 土佐CC=6228ヤード、パー72 )

5アンダーの3位タイと好位置につけた鈴木愛は同伴組の黄アルムとハグ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 今季、女王の座奪還を目指す鈴木愛が首位に2打差と絶好の位置で最終日を迎える。

 公式インタビューの最中に首位・大城が17番でボギーを叩いたとの情報を聞き「3打差と2打差ではかなり違う」とニヤリ。昨年のこの大会はプレーオフの末、後に賞金女王に返り咲くアン・ソンジュに敗れたがこの日は強風下、14番で137ヤードの第2打を9Iで30センチに寄せるなど昨年より状態は上だという。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月17日のニュース