佳純、痛恨のミス悔やむ「自分のせいで負けた」初代女王届かず

[ 2019年3月17日 22:30 ]

卓球Tリーグ・プレーオフ・ファイナル ( 2019年3月17日    両国国技館 )

<Tリーグ女子ファイナル(木下アビエル神奈川・日本生命レッドエルフ)>初戦を落とし、肩を落とす石川(右)と木原ペア(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 女子はレギュラーシーズン2位の日本生命が、同1位の神奈川を3―2で破り、初代女王に輝いた。

 神奈川の石川佳純は、敗戦の責任を背負いこんだ。木原美悠と組み、常晨晨・蒋慧組と対戦した第1試合のダブルス。第3ゲームで11―10とマッチポイントを握りながら、自身のミスで仕留めきれず逆転負け。「自分のせいで(チームが)負けてしまった。すごく悔しい」。相手のボールが少し曲がり、振り切るべきか否か一瞬迷ったことがミスにつながった。

 その後は弁当を食べて気分転換し、第4試合のシングルスでは前田美優を3―1で下したものの、もちろん喜びはなかった。リーグ初年度でこれまでより多くの試合をこなし、「試合勘が良くなる。戦術や技術も鍛えられた」と今季を総括した上で、「負けてしまったけど、チームのみんなはいいプレーをした。来年、必ずリベンジしたい」と来季の逆襲を誓っていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月17日のニュース