内田、逆転劇演出もヒーローならず キックチャージで同点T献上

[ 2019年3月17日 05:30 ]

スーパーラグビー 第5節   サンウルブズ31―34レッズ ( 2019年3月16日    秩父宮 )

前半34分、キックをチャージされ、同点のトライを奪われるサンウルブズ・内田(右21)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 途中出場のSH内田がヒーローになり損ねた。後半29分、ゴール前の密集から持ち出して右中間へ同点トライ。GKが決まって再逆転につながった。しかし、35分に悪夢。自身のキックチャージをきっかけに、同点トライを奪われた。40分にPGを決められ3点差惜敗した。

 悲喜こもごもを味わった27歳は「規律も良くなかった。自分たちで自分たちの首を絞めたところに、相手の勢いが重なった」と失速を嘆いた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月17日のニュース