青学大・原監督 箱根駅伝テーマを「ハーモニー大作戦」と発表

[ 2017年12月10日 17:48 ]

 第94回箱根駅伝(来年1月2、3日)の記者発表が10日、都内で行われ、箱根4連覇を狙う青学大の原晋監督は、毎年恒例となった箱根路のテーマを「ハーモニー大作戦」と発表した。今季は出雲の「陸王大作戦」、全日本の「青山祭大作戦」といずれも“失敗”に終わっただけに「ここまで凸凹駅伝だった。大手町でカレッジソングを歌いたい」と3度目の正直に向けて意気込んだ。

 無冠で終わる気は毛頭ない。大学駅伝2連敗を受け「出雲と全日本は音程が狂った。音痴なやつがいた。私自身、指揮の振り方を間違えた」と反省。4連覇がかかる一戦では、監督ではなく“マエストロ”としてタクトを振るうべく選手起用にも熱を入れる。

 「個々の力はついてきたが、最後何かが抜けていた。監督の熱さかな。指揮をしっかりとらないといけないな」と反省。年末には小澤征爾さんのベートーベン交響曲第9番を聞いてマエストロとしてのイメージトレーニングもするという。

 記者発表後に行われた駅伝ファンイベント「監督トークバトル」では「4連覇狙いますよ!」とファンを前に高らかに宣言。「調和が取れたら間違いなく勝てる」と過去3連覇のチームは4連覇できるというジンクスにも裏打ちされた自信を胸に、正月2日王者が箱根路に立つ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月10日のニュース