ジョージ・ワシントン大はペン州立大に完敗 渡辺は18得点

[ 2017年12月10日 13:48 ]

 全米男子バスケットボールのジョージ・ワシントン大は9日、ペン州立大に54―74(前半19―48)で敗れて5勝5敗。渡辺雄太(4年)は31分出場して18得点と6リバウンドを記録したが、チームの連勝は3で止まった。ペン州立大は8勝3敗。ジョージ・ワシントン大は16日にAP10位のマイアミ大フロリダ(7戦全勝)と顔を合わせる。

 AP1位のデューク大は同じACCに所属するボストンカレッジに84―89(前半41―48)で敗れて今季12戦目で初黒星。“金星”を挙げたボストンカレッジは7勝3敗となった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月10日のニュース