小平 美保夫人キャディーで3ツアーズ選手権MVPに!

[ 2017年12月10日 18:48 ]

<日立3ツアーズ>優勝したJGTOチーム・小平智はキャディーを努めた美保夫人と笑顔
Photo By スポニチ

 国内ツアー3団体の賞金ランキング上位者が出場する対抗戦「日立3ツアーズ選手権」は10日、千葉・グリッサンドGC(男子3658ヤード、シニア3496ヤード、女子3206ヤード、いずれもパー37)で開催され、男子が合計11・5ポイントで2年連続7度の優勝を飾った。

 大会MVPには2年連続3度目の受賞となる小平智(28=Admiral)が選ばれ、キャディーを務めた妻でプロゴルファーの古閑美保(35=フリー)と喜びを分かち合った。シニアが9ポイントで2位、女子は6・5ポイントで3位だった。

 小平は24日に挙式、披露宴を予定している新妻・美保夫人をキャディーに携えMVPに輝いた。「お祭りみたいな雰囲気で楽しくできました。(夫人がキャディーは)試合だったらピリピリしてケンカになっていたかな」と笑わせたが、「美保も手伝ってくれて勝てた。優勝とMVPが獲れてめちゃくちゃ嬉しい」と“ラブラブ”ラウンドを振り返った。

 人生初キャディーを経験した美保夫人は「楽しかったけど、疲れました。また来年?もういいかな」と苦笑い。「(小平に)感情が入るので、難しいパットを決めた時は嬉しかった」と2人で顔を見合わせて熱々ぶりを見せつけていた。

 ▽競技方法 各団体6人が2人1組でペアになり各団体1ペアずつが同組で回る。前半は各ペアがそれぞれのボールでプレーし良い方のスコアを採用するフォアボール方式、後半は各ペアが1つのボールを交互に打つフォアサム方式。前後半それぞれの合計ストロークで争い同組内の順位に応じポイントを配分。前半は1位2ポイント、2位1ポイント、3位0ポイント。後半は1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイント。順位が並んだ場合は下位のポイントと合計したポイントを分け合う。ティーグラウンドは団体によって異なる。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月10日のニュース