樋口新葉 全日本で平昌切符獲得へ「もう休んでいる暇はない」

[ 2017年12月10日 13:10 ]

華麗な演技を披露する樋口新葉(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子で6位だった樋口新葉(16=日本橋女学館高)が競技から一夜明けた10日、取材に応じた。

 初の大舞台は、フリーでジャンプのミスがあって今季自己ワーストの202・11点で最下位に終わったが、「失敗しても200点を出せるようになった」と振り返った。

 五輪代表2枠を争う全日本選手権は21日に開幕する。「もちろん優勝というのは頭にあるけど、練習してきたことを出せば結果につながる」。大一番まで残り11日。「もう休んでいる暇はない。きのう(9日)に出し切れなかった分、まだパワーが残っている感じ」と闘志を高めていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月10日のニュース