日馬の暴行問題で“誤報”指摘 協会がフジテレビに抗議文送付

[ 2017年12月10日 05:30 ]

 日本相撲協会は9日、元横綱・日馬富士による暴行問題を巡る報道内容に誤りがあるとして、フジテレビに抗議文を送付したと発表した。

 抗議文では、貴乃花親方(元横綱)の関係者の証言として同親方が11月15日に電話で「完璧にだまされた」と発言した、と今月6日の番組内で報じた点を指摘。11月12日の九州場所開幕までに、暴行問題への対応を相撲協会が取るとしながらも行われなかったことを発言の根拠としているという。協会は貴乃花親方から「いずれも心当たりはございません」などと報道内容を否定する回答を得たとし、フジテレビ側に謝罪と訂正を求めた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月10日のニュース